トラック交通遺児等への助成活動を行っています。
公益財団法人 東京都トラック交通遺児等助成財団
財団概要 情報公開
特別賛助会員事業 ディスクロージャー
下敷きギャラリー 諸規定
   

財団概要

財団設立主旨

公益財団法人東京都トラック交通遺児等助成財団は、昭和58年10月6日に設立され、一般社団法人東京都トラック協会の会員が関係する交通事故により死亡し、または重度の  後遺障害が残った方の子弟等(交通遺児等)の健やかな育成及び交通事故防止の推進等を図るための助成を行い、もって公共の福祉に寄与することを目的としています。

活動方針

1.交通遺児等に対する助成
(1)交通遺児等育成助成金の支給
(2)交通遺児等就学支援金の支給

2.交通安全対策事業等に取り組む団体への助成
(1)東京高速道路交通安全協議会への助成
(2)特別賛助会員が取り組む交通安全対策事業等に対する助成

3.広報・普及啓発事業
(1)警視庁交通部主催「セーフティドライバー・コンテスト」無事故・無違反達成者に対する副賞贈呈
(2)一般社団法人東京都トラック協会主催「『トラックの日』児童絵画コンテスト」に対する助成
(3)一般社団法人東京都トラック協会青年部が東京都内の小学校からの要請に基づき実施する「児童のための交通安全教室」に対する助成
(4)一般社団法人東京都トラック協会女性部が実施する東京都内98警察署との意見交換及び交通遺児援助活動に対する助成

寄付金の税制優遇のご案内

当財団へのご寄付については、 下記の税制上の優遇措置を受けることができます。
なお、 お手数ですが、詳しくは 税務署にお尋ねいただくか、国税庁のホームページでご確認ください。

○個人からのご寄付に対する優遇措置
(1)所得税が減額されます (「税額控除」 または 「所得控除」 を 選択 できます 。
(2)住民税が減額されます。

○法人からのご寄付に対する優遇措置
通常のご寄付とは別枠での損金算入が認められます。
損金算入の限度額は、下記の(1)と(2)を併用することができます。
(1)一般損金算入限度額 (法人税法第 37 条第 1 項
(2)別枠の損金算入限度額(法人税第 37 条第 3 項第 2 項)

Copyright Tokyo truck traffic-accident orphaned children Foundation, All right reserved.