トラック交通遺児等への助成活動を行っています。
公益財団法人 東京都トラック交通遺児等助成財団
財団概要 情報公開
特別賛助会員事業 ディスクロージャー
下敷きギャラリー 諸規定
   

特別賛助会員事業

東ト協・千代田支部
  ○感染症対策用品(マスク)の寄贈
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、教育委員会と協議の上、区立の小学校全8校の新入生を対象にマスク650枚を寄贈した(令和3年2月18日)。なお、教育委員会より青年部に対して感謝状が授与された。

東ト協・中央支部
  ○交通事故防止用品(反射バンド)の寄贈
夜間における児童の交通事故防止を目的とした反射バンド1,700本を作製し、教育委員会を通じて区内小学校の新入生に寄贈した(令和3年2月24日)。なお、寄贈式が中央区役所で執り行われ、中央区長から青年部に対して社会福祉事業活動への感謝の意が伝えられた。

東ト協・港支部
  ○交通事故防止用品(反射プリント入りトートバッグ)の寄贈
交通事故防止用品として反射プリント入りトートバッグを2,000枚作製し、教育委員会の協力を得て、区内の小学校1年生に寄贈した(令和2年10月29日)。


東ト協・品川支部
  ○交通事故防止・感染症対策用品(交通安全標語入りマスク)の寄贈
教育委員会の協力を得て、区立品川学園の生徒1,200名に交通安全標語入りの不織布マスクを寄贈した(令和3年2月3日)。


東ト協・大田支部
  ○地域福祉活動(献血活動)の実施
交通事故に関する福祉事業として、JR蒲田駅西口ロータリーにおいて、献血活動及び骨髄バンクドナー登録の呼びかけを実施した(令和2年7月25日・献血者40名・骨髄バンクドナー登録者8名)。
○交通安全啓発用品(学生職場体験用業界プロモーションDVD)の作成
区内のトラック運送業者が映像を持ち込み、区内中学生の職場体験として使用するDVDの作成に着手した。


東ト協・渋谷支部
  ○交通安全啓発用品(交通安全標識入り定規)の寄贈
新入学児童の交通安全意識の高揚を図るため、教育委員会を通じて交通標識入り定規1,350本を寄贈した(令和3年3月24日)。


東ト協・世田谷支部
  ○交通安全活動の実施
北沢警察署と協力し、小田急線経堂駅交番付近(支部事務所・商店街)でのぼり旗(「無事故世田谷」「自転車もルールを守ろう」「ながらスマホは危険です」)を掲げて、歩行者や自転車に対し、年末年始の交通安全を呼びかけ、ロゴ入りエコバッグを配布した。


東ト協・目黒支部
  ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、事業は実施しなかった。


東ト協・新宿支部
  ○交通安全啓発用品(交通安全標語入りボールペン)の作成
今後の広報宣伝活動や区内警察署との協力による交通安全活動に使用するため、交通標語入りボールペンを作成した。

東ト協・中野支部
  ○交通事故防止キャンペーンの実施
野方警察署の協力を得て、特に歩行者の多い新井交差点において事故防止を呼びかけるとともに、歩行者及び自転車の利用者に交通安全ノベルティ(ボールペン)を配布し、交通事故の注意喚起を図った(令和元年9月25日)。

東ト協・杉並支部
  ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、事業は実施しなかった。

東ト協・文京支部
  ○交通安全啓発用品(交通安全標語入りじゆうちょう)の寄贈
小学校新入学児童の交通安全意識の向上を図るため、区内小学校20校の新入生(約2,000名)を対象に、交通安全標語入りの「じゆうちょう」を寄贈した。

東ト協・豊島支部
  ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、事業は実施しなかった。

東ト協・板橋支部
  ○交通安全啓発用品(交通安全標語入りじゆうちょう)の寄贈
小学校新入学児童の交通安全意識の向上を図るため、教育委員会を通じて交通安全標語入りの「じゆうちょう」4,500部を寄贈した(令和3年3月19日)。


東ト協・練馬支部
  ○交通安全啓発・感染症対策用品(ウェットティッシュ・マスク)の作成
「練馬まつり・エコスタイルフェア」及び管轄警察署の交通安全協会内に設置されているトラック部会の街頭活動で配布するウェットティッシュ及びマスクを作成した。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止により各行事の開催が見送られた。

東ト協・北支部
  ○地域福祉活動の実施(交通遺児等の慰安)
交通遺児及び交通少年団と例年実施している交通安全餅つき大会を新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止し、王子・滝野川・赤羽の各警察署管内の交通遺児及び交通少年団に餅を寄贈した(令和2年12月24・25日)。


東ト協・台東支部
  ○交通安全啓発用品(交通安全標語入りじゆうちょう)の寄贈
小学校新入学児童の交通安全意識の向上を図るため、区内小学校19校の新入生(1,240名)を対象に、交通安全標語入りの「じゆうちょう」を寄贈した(令和3年3月30日)。

東ト協・深川支部
  ○交通安全啓発用品(箸)の寄贈
地域住民に交通事故防止を呼びかけるため、交通安全協会に箸300膳を寄贈した(令和2年10月13日)。
○交通安全啓発用品(ダンボール製トラック)の制作
区内小・中学生に交通事故防止を呼びかけるため、ダンボール製のトラックを制作し、区内小・中学校に設置した(令和2年11月26日)。
○交通安全啓発用品(安全標語カレンダー)の制作・配布
事故防止をPRするため、東ト協・城東支部と合同で交通安全標語(会員等から公募)を掲載したカレンダーを制作し、小・中学校等に配布した(令和3年2月3日)。
○交通安全啓発用品(安全教室用パネル)の制作
小学生に対して交通事故防止をわかりやすく呼びかけるための安全教室用パネルを制作した(令和3年3月23日)。 


東ト協・城東支部
  ○交通安全啓発用品(交通誘導手旗・交通安全教室チラシ)の寄贈・配布
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止ため、区内の小学校で例年実施している交通安全教室の実施が見送られたため、小学校に交通誘導手旗を寄贈するとともに、小学生に交通安全教室のチラシを配布した(令和2年4月15日・令和2年12月25日)。
○交通安全啓発用品(安全標語カレンダー)の制作・配布
事故防止をPRするため、交通安全標語(会員等から公募)を掲載したカレンダーを制作し、会員及び関係先等に配布した (令和2年12月21日)。 
○交通安全活動の実施(交通事故「ゼロの日」運動街頭活動への参加)
地域住民及び運転者の交通事故防止と交通安全意識の向上を図るため、城東警察署及び江東区の協力を得て、交通量の多い毎月10日・20日・30日に行われる交通事故「ゼロの日」運動街頭活動に参加し、特にトラックの通行量が多い南砂四丁目交差点において、交通事故多発時間帯(16時~17時)の交通整理を実施した(令和3年3月19日~令和3年3月30日・計2回)。

東ト協・墨田支部
  ○交通安全啓発用品(ワンタッチ学童傘)の寄贈
交通安全啓蒙活動の一環として、区内小学校全25校にワンタッチ学童傘630本を寄贈した(令和3年3月31日)。

東ト協・江戸川支部
  ○交通安全啓発用品(交通安全標語入りノベルティ)の寄贈
江戸川区にある東京2020大会の競技会場に「ひまわりロード」を作るため、区及び公益財団法人えどがわ環境財団と連携し、区内の全小学校や警察署の関係機関に交通安全標語入りノベルティ(ミニひまわりの種)を寄贈した(令和2年4月上旬)。
○寄付の実施
区を通じて、区内の医療・福祉団体に寄付(1,000,000円)を行った(令和3年3月19日)。

東ト協・葛飾支部
  ○交通安全啓発用品(置き傘)の寄贈
雨天時の交通事故を防止するため、教育委員会を通じ、葛飾区内の小学校50校に置き傘を630本寄贈した(令和2年8月5日)。

東ト協・荒川支部
  ○地域福祉活動の実施(「あらかわどこでも福祉フェスタ」への参加)
「あらかわどこでも福祉フェスタ」に参加し、交通安全と事故防止を呼びかけるとともに、記念品として除菌スプレーを配布した(令和2年11月14日)。
○感染症対策用品(除菌スプレー)の寄贈
東ト協が実施する「『トラックの日』児童絵画コンテスト」に参加した区内12の小学校を表敬訪問し、除菌スプレーを寄贈した(令和2年12月17日)。
○交通安全活動の実施(警察署への交通安全対策指導の依頼)
管内の3警察署に対して、全国交通安全運動実施期間中などにおける指導を依頼するとともに、記念品として除菌スプレーを寄贈した(令和2年12月21日)。


東ト協・足立支部
  ○交通安全用品(交通安全宣言入りエコバッグ)の作成・配布
交通安全宣言入りのエコバッグを作成し、運転者講習会などのイベント参加者に配布した  (令和3年2月8日)。
○交通安全用品(着ぐるみ)の制作・寄贈
交通安全協会における交通安全・事故防止啓発活動を支援するため、オリジナルの着ぐるみ (にしあらいぐま)を寄贈した(令和3年3月25日)。

東ト協・多摩支部
  ○交通安全啓発用品(道路横断旗)の寄贈
地域住民と児童の安全を守るため、多摩地区(26市3町1村)の小学校全475校に道路横断旗を寄贈した(令和3年3月)。
Copyright Tokyo truck traffic-accident orphaned children Foundation, All right reserved.